愛媛県新居浜市の動物病院。病気の治療はもちろん、病気になる前の予防やしつけなども積極的に指導しております。

お知らせ

2020年6月のお知らせ

2020年5月30日

조용필 꿈 다운로드

6月の臨時休診日はありません。

 


2020年5月22日、愛知県豊橋市にてフィリピンから来日した人が狂犬病を発症したと報道がありました。

日本国内では動物との接触はなかったとのことで、フィリピンで感染して、来日し、発症したことが推測されています。

 

人間が狂犬病にかかった時の症状は、

前駆期:発熱、食欲不振、咬傷部位の痛みや掻痒感

急性神経症状期:不安感、恐水及び恐風症状、興奮性、麻痺、幻覚、精神錯乱などの神経症状

昏睡期:昏睡

となっており、呼吸障害によりほぼ100%死亡するという、非常に恐ろしい病気です。

発症後の有効な治療法はありません。

唯一の対抗策は、罹患動物に咬まれたあと、すぐにワクチン接種をすることです。

これは、比較的長い潜伏期間(通常1〜3ヶ月。今回の症例は約8ヶ月)を利用し、ワクチンにより病気に対抗しようというものですが、それで死亡が防げる確証もありませんし、死ななくても後遺症が残ることもあります。

生存率を上げるための治療と思って下さい。

 

ウイルスは唾液に含まれ、通常は咬まれることでうつりますので、人から人へうつることはほぼありません。

罹患動物から咬まれてうつることがほとんどです。

日本では、60年以上、動物での発生は認めていませんが、いつ出るかわからない怖さがあります。

なので、飼い犬には狂犬病予防注射を打ってください。

これは、自分の犬を守るためでもありますが、地域を守るためでもあります。

地域での接種率が高いと、万が一、狂犬病が入ってきても、新型コロナウイルスのように爆発的に広がることはなく、終息させることができます。

ただ、残念ながら、愛媛県の接種率は全国ワースト5に入っております。

特殊な事情で打てない場合を除き、みなさんワクチンを打っていただきますよう、よろしくお願いします。

 


 

今月のにゃんこ君です。

5月は3回も家から脱走しました。

1回目の時にいつ脱走したのか気づいておらず、長時間外で遊んでいたと思われます。

それで味を占めたのか、脱走の隙を常に伺っており、常習犯のようになっております。

2、3回目はすぐ捕まえましたが。

でも、猫って外で遊んでも帰ってくるとよく聞きますが、この子は帰ってこないんです。

いつも探しに行って、確保しています。

もっと、家が恋しいくらいまで外に放置していたら帰ってくるのでしょうか?

心配なので、それもできませんが。。。

 

 

愛媛県新居浜市

寺町動物病院

寺町 光成

다운로드 다운로드 닥터스 7회 다운로드 다운로드