愛媛県新居浜市の動物病院。病気の治療はもちろん、病気になる前の予防やしつけなども積極的に指導しております。

お知らせ

  • 2019年2月28日

    다운로드

    3月の臨時休診日はありません。

     

    ちょっと先の話ですが、ゴールデンウィーク中の診察案内をお知らせしておきます。

    4/30〜5/2:通常通り診察します。

    5/3〜5/4:午前中のみ診察します。

    それ以外の日曜、祝日は休診です。

     


    今回は、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)についてお知らせします。

     

    愛媛県内でSFTSによる死亡者が出てから、6年が経過しました。

    その間にいろいろとわかってきたこともありますので、ここで少しお知らせしたいと思います。

    SFTSはマダニに咬まれることでうつる病気です。

    人間だけでなく、犬も猫もかかります。

    さらに、SFTSにかかった猫から、人間にうつった事例も報告されております。

    実際に、愛媛県で感染した人のうち、約半数は犬や猫のペットを飼育していたそうです。

    マダニの刺し口が見つかっていない患者もおり、ペットからの感染が疑われています。

     

    人間やアライグマを調査したところ、体中のいろんな臓器からウイルスは検出されています。

    リンパ節、血液、腎臓、腸など。

    犬や猫も同じだとすると、血液、便、尿、唾液などから感染する可能性があるということになります。

     

    これを防ぐには、、、

    ・動物を飼っている飼い主さんが病気について正しい知識を身につけること。

    人間や、ペットに共通して起こるのは、発熱や倦怠感(だるい)です。

    気になった場合は、早めに医療機関を受診して医師に伝えることが大事です。

    ・外に出る飼い犬や飼い猫は、マダニ予防薬を使うこと。

    3月からは暖かくなり、マダニも活動し始めます。マダニが付く前の予防をお勧めします。

    ・マダニを見つけても、素手でさわったり、つぶしたりしないこと。

    つぶすことで、ウイルスが手に付く恐れや、ウイルスを持ったマダニの卵がその周囲に散らばる可能性があります。

    動物についているマダニを見つけた時は病院で取ってもらう、落ちているマダニを見つけた時は、ガムテープなどで捕獲することをお勧めします。

     


     

     

    今月のにゃんこ君です。

    自分がこたつに入っていると、たまに、中に入ってきます。

    で、どういうわけか、自分の足の間に入ってきます。

    始めは温かいんですが、、、そのうち暑くなってきます。

    はよ、どっか行ってくれーと思いますw重いしねw

     

     

    愛媛県新居浜市

    寺町動物病院

    寺町 光成

    다운로드 webview 다운로드 다운로드